【都道府県】島根県出身の有名人で打線組んだ【解説あり】

島根県出身の有名人で打線組んだ 打線組んだ

打線組んだとは?

あるテーマについて、野球チームの打線になぞらえて紹介するネットでおなじみのコンテンツです。

ルール

  • 出身地は、出生地で統一(出生地が不明な人物は除外)
  • 選出の基準は、業績・実績・知名度・エピソードなど
  • 各種記録は、2020年2月1日時点のものとする
  • 敬称は省略

島根県出身の有名人打線で打線組んだ

1(中) 山内健司
2(二) 竹下登
3(左) 森鷗外
4(一) 錦織圭
5(指) 尼子経久
6(三) 出雲阿国
7(右) 山中鹿介
8(遊) 竹内まりあ
9(捕) 江角マキコ
先発   佐々岡真司
中継ぎ  森英恵
抑え   大野豊

1(中)  山内健司

人気お笑いコンビ・かまいたちのボケ担当。漫才、コント、トーク、ロケの全てをこなすオールマイティーな存在。

2020年から開始したYouTubeチャンネルの名前は、松本人志の命名により『かまいたちチャンネル ねおミルクボーイ』となった。

主な記録

  • 2017年キングオブコント優勝

2(二)竹下登

タレント、ミュージシャンDAIGOの祖父で、日本に消費税法が可決された際の総理大臣。消費税導入とリクルート事件の影響により、歴史的な低支持率を記録した。

なお、時の官房長官は、「消費税と同じになっちまう」と言ったという。[1] 残念ながら、現在なら消費税を下回ってしまった。

3(左)森鷗外

明治から大正にかけて活躍した作家、翻訳家、軍医。東京大学卒業後、軍医となりドイツに留学。

帰国後、公務のかたわら『舞姫』などを執筆し、文人としても活動する。また、軍医としてはトップの陸軍省医務局長まで上り詰めた。

エピソード 元祖キラキラネーム?

森鴎外は、五人の子供に恵まれた。名前は、於菟(おと)、茉莉(まり)、杏奴(あんぬ)、不律(ふりつ)、類(るい)。当時としてはかなり珍しい名前だった。

これは、奇をてらったのではなく、世界で通用する名前にしたかったためとされている。ドイツに留学し、世界を見た鴎外ならではの感覚かもしれない。

4(一)錦織圭

日本テニス界の記録を次々と塗り替えている日本人男子歴代最強のテニスプレーヤー。

日本人には不可能かと思われているグランドスラムの制覇を期待させてくれる。要するにイチロークラスの歴史的スーパースター。

主な記録

  • 世界ランキング最高4位(トップ10入りは日本人初)
  • 全豪オープン ベスト8
  • 全仏オープン ベスト8
  • ウィンブルドン ベスト8
  • 全米オープン 準優勝(日本人男子初)
  • ATPワールドツアー・ファイナルズ ベスト4(日本人初の出場)
  • ATPマスターズ1000 準優勝
  • ATPツアー 優勝12回(日本人で史上最多)
  • リオデジャネイロ五輪 銅メダル

5(指)尼子経久

一代で山陰・山陽地方十一ヵ国を手中に収めた戦国武将、大名。北条早雲と並ぶ下克上のパイオニア。謀聖、中国地方の三代謀将などと評された。

同じく中国地方の三大謀将のひとりに挙げられる宇喜多直家のように謀略のエピソードが残っていないことが逆に恐ろしい。全ては闇から闇へ・・・と想像してしまう。

エピソード 無欲

経久は無欲の人だったとされており、家臣が経久の身の回りの物を褒めると、何でも与えてしまう人だった。そのため、家臣は経久の持ち物を褒めることを控えた。

ある時、これなら大丈夫だろうと庭の松の木を褒めたところ、経久は松の木を掘り起こして与えようとした。

家臣が必死に止めてその場はおさまったが、与えることを諦められない経久は枝を切り薪にして与えたという。[2]

真偽不明なエピソードだが、十一ヵ国も手に入れた大名が本当に無欲だったら面白い。

6(三)出雲の阿国

もともとは出雲大社の巫女で、歌舞伎の創始者とされている人物。かぶき踊りを披露し、京や江戸などで興行を行っていた。

やがて、阿国のかぶき踊りは歌舞伎へと進化していった。創始者が女性なのに歌舞伎は女人禁制とは皮肉なものである。

7(右)山中鹿介

本名・山中幸盛よりも山中鹿介でおなじみの戦国武将。武勇・知略に優れていたため“山陰の麒麟児”の異名を取った。

仕官先の尼子家が毛利元就に滅ぼされた後、浪人として尼子家復興のためたびたび挙兵。しかし、願いは叶わず、中山幸盛は謀殺された。

滅亡した主家のために忠義を尽くしたため、悲運の英雄として扱われることが多い。

エピソード 忠臣

滅亡した尼子家復興のため、「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と三日月に祈ったという逸話が有名。日本有数のド・・・忠臣。

8(遊)竹内まりあ

『シングル・アゲイン』、『純愛ラプソディ』、『カムフラージュ/Winter Lovers』など、数々のヒット作があるシンガーソングライター 。

9(捕)江角マキコ

実業団のバレーボース選手、モデルを経て女優に転身。代表作『ショムニ』シリーズ(フジテレビ系)をはじめ多数の作品で主演を務めるなど、人気を博した。[4]

また、『ぐるぐるナインティナイン『グルメチキンレース・ゴチになります!』』(日本テレビ系)など、バラエティでも活躍。

2017年、突如の芸能生活引退を発表。SNSには驚きのコメントが多数寄せられた。いろいろあったが、それらが影響しているかは不明。

先発 佐々岡真司

1989年ドラフト1位で広島東洋カープに入団した元プロ野球選手。チーム事情により、先発だけでなくリリーフも務め、史上7人目となる通算100勝100セーブを達成。

2014年から広島東洋カープのコーチを務め、2020年からはペナント奪還に向けて広島東洋カープの指揮をとる。

主な記録

  • 最多勝利1回
  • 最優秀防御率1回
  • 沢村栄治賞1回
  • 最優秀選手1回
  • 100勝100セーブ(史上7人目)
  • ノーヒットノーラン 1回

中継ぎ 森英恵

日本を代表するファッションデザイナー。モデル、タレントの森泉、森星の祖母。また、アジア人として初めてオートクチュール協会の会員として認められた人物。[3]

この機会にハナエ・モリの服を調べてみたけど、高すぎて驚いた。

抑え 大野豊

地元企業の軟式野球部出身で、入団テストに合格し広島東洋カープ入りした異色の経歴を持つ元プロ野球選手。

2年目には移籍してきた江夏豊の指導のもと頭角を現した。江夏の退団後にリリーフ・エースとして活躍。

7年目からは先発に転向し、沢村栄治賞や最優秀防御率といったタイトルを獲得するなどの活躍を見せる。

その後、リリーフと先発への転向を繰り返し、100勝100セーブ を達成し、42歳まで現役として活躍した。

苦労人で実力・実績がありチーム愛が強いため、カープファンから最も愛される選手のひとり。

主な記録

  • 最優秀防御率2回
  • 最優秀救援投手1回
  • 沢村栄治賞1回
  • 100勝100セーブ(史上2人目)

エピソード メジャーリーグからのオファー

1993年、大野は38歳という年齢ながらメジャーリーグのアナハイム・エンゼルスからオファーを受けた。

大きなチャンスにもかかわらず、カープへの愛情と恩から大野はオファーを即座に断った。

カープの選手は一流になるとジャイアンツやタイガースに流出することが多いので、ファンからしたら神のような存在だろう。

やっぱりカープが好きだったし、テスト生として受け入れてもらって、1年目にとんでもない成績だったにも関わらず、そこから自分を成長させてくれたチームなので、そこを出て違うチームに移るという気持ちがまったくなかったんです。

引用:週刊ベースボールONLINE

まとめ

日本のスポーツ界のレジェンド・錦織圭を中心に形成される鳥取県出身の有名人打線には、歴史に名を残す偉人が多数。

反面、現在テレビやSNSで話題になっている有名人が少ない“いぶし銀”の打線かもしれません。

以上、『【都道府県】島根県出身の有名人で打線組んだ』でした。

出典一覧

*1 出典:Wikipedia 竹下内閣(改造)
*2 出典:Wikipedia 尼子経久
*3 出典:ファッションプレス
*4 出典:日刊スポーツ