【都道府県】三重県出身の有名人で打線組んだ【解説あり】

三重県出身の有名人で打線組んだ 打線組んだ

打線組んだとは?

あるテーマについて、野球チームの打線になぞらえて紹介するネットでおなじみのコンテンツです。

ルール

  • 出身地は、出生地で統一(出生地が不明な人物は除外)
  • 選出の基準は、業績・実績・知名度・エピソードなど
  • 各種記録は、2020年2月1日時点のもの
  • 敬称は省略

三重県出身の有名人で打線組んだ

1(二) 浅尾美和
2(中) 堤幸彦
3(一) 松尾芭蕉
4(三) 吉田沙保里
5(指) 江戸川乱歩
6(左) 九鬼嘉隆
7(右) 野口みずき
8(捕) 西野カナ
9(遊) 椎名桔平
先発   沢村栄治
中継ぎ  本居宣長
抑え   高畑勲

1(二)浅尾美和

高校卒業後、川合俊一にスカウトされビーチバレーに転向。『ジャンクスポーツ』(フジテレビ系)に出演したところ、爆発的な人気を得た。[1]

その美貌から“ビーチの妖精”の愛称で親しまれた。川合俊一に感謝した人は多いはず。現在は、タレント、コメンテーターとして活躍中。

2(中)堤幸彦

ADからキャリアをスタートし、日本を代表する映画監督となった。代表作は、『金田一少年の事件簿シリーズ』、『ケイゾク』、『池袋ウエストゲートパーク』、『TRICKシリーズ』、『20世紀少年シリーズ』など。

3(一)松尾芭蕉

日本一有名な俳人で、俳聖とも称される。代表作の「古池や 蛙飛びこむ 水の音」、「夏草や 兵どもが 夢の跡」は、俳句に興味がない人でも知っているほど有名。

現在の武蔵国(現・東京都)から東北地方、北陸地方を行脚し、日本一有名な紀行『おくのほそ道』を完成させた。

約150日でおよそ2,400kmという凄まじい移動距離・移動速度と、忍者の里として有名な伊賀国(現・三重県伊賀市)出身だったため、松尾芭蕉は忍者だったという都市伝説が生まれた。

4(三)吉田沙保里

2004年アテネ五輪、2008年北京五輪、2012年ロンドン五輪3連覇したレスリング選手。

また、世界選手権10連覇(五輪と合わせて世界大会13大会連続優勝)、個人戦206連勝という、もはや意味不明な実績を残した。

また、世界選手権10連覇は『霊長類最強の男』アレクサンドル・カレリンの記録を更新。この頃から『霊長類最強女子』と呼ばれるようになった。

金メダルが確実視されていた2016年リオデジャネイロ五輪では、残念ながら決勝で敗れ銀メダルとなった。

主な記録

  • 2004年アテネ五輪 レスリング・フリースタイル金メダル
  • 2008年北京五輪 レスリング・フリースタイル金メダル
  • 2012年ロンドン五輪 レスリング・フリースタイル金メダル
  • 2016年リオデジャネイロ五輪 レスリング・フリースタイル銀メダル
  • 世界選手権10連覇
  • 個人戦206連勝

エピソード 母のコメント

リオデジャネイロ五輪の決勝で敗れた夜、吉田と顔を会わせた母は、「綺麗な色やな。ウチに銀メダルが無いからちょうどよかった」と労った。

とっさにウィットに富んだコメントができるのは素敵だと思う。[2]

5(指)江戸川乱歩

名探偵明智小五郎や怪人二十面相の生みの親で、大正・昭和を代表する作家。推理小説の礎を築いた作家のひとり。

非常に多くの作品を生み出した一方で、休筆も多い作家として知られており、31年間の作家生活の中で17年間休筆していた。[3] 冨樫と双璧。

また、生涯を通して引越しが多く、その回数は46回に及ぶ。葛飾北斎に次ぐ歴代2位かもしれない。[4]

エピソード 悪霊

『悪霊』というミステリー作品では、いよいよ犯人の正体が解き明かされるという、まさに最も盛り上がる場面で休載。その後、結末が思いつかず掲載誌に謝罪文を載せて連載中止となった。[3]

今なら、とんでもない炎上をしそうである。

6(左)九鬼嘉隆

九鬼水軍を率いたリアル海賊。織田信長、豊臣秀吉に仕え武将、大名。のちに海賊大名と呼ばれた。

また、織田信長に燃えない船を造れと無茶振りされ、世界初の鉄甲船を造った人。当時、先進国だったヨーロッパで鉄甲船が登場するのはおよそ300年後とされている。

なお、福岡ソフトバンクホークスの九鬼隆平は嘉隆の子孫にあたる。[5]

7(右)野口みずき

アテネ五輪の女子マラソンの金メダリスト。また、女子マラソンの日本記録保持者。

三重県生まれと神奈川県生まれという二つの説があるが、京都新聞のインタビューによると三重県生まれとなっているので、三重県出身の有名人打線のメンバー入り。[6] 決して、神奈川県と比べて人材が少ないからではない。

主な記録

  • アテネ五輪 女子マラソン金メダル
  • 女子マラソン日本記録[7]

8(捕)西野カナ

楽曲の販売がCD、ダウンロード販売、着うたなど、音楽業界の方向性が混沌としていた時代に大成功を収めたミュージシャンで、特に若い女性から高い人気を誇った。

代表曲『会いたくて』では、「会いたくて会いたくて震える」というパワーワードを生み出した。

ネットでは何かとイジられることも多かったが、大勢の人に引っかかるワードを生み出した能力は感嘆する。引用のされ方は違うが、浅井リョウの『霧島、部活やめるってよ』みたい。

9(遊)椎名桔平

1996年に放送された『 Age,35 恋しくて』(フジテレビ系)で一躍有名になった俳優。代表作は、『アウトレイジ』、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)など。

正統派の二枚目から三枚目、怪演など、幅広いジャンルの役を演じ分ける名優。50代半ばになった今でもカッコいいおじさん。映画『不夜城』では、今の椎名からは考えられない役を演じている。

エピソード 付き人

かつて、お笑い芸人のアキラ100%が椎名の付き人をしていたことがあったのだが、わずか2ヶ月で置き手紙を残して逃げられてしまった。

先発 沢村栄治

大日本東京野球倶楽部(現・読売ジャイアンツ)に所属し、プロ野球の黎明期に活躍した伝説の豪速球投手。

ベーブ・ルースやルー・ゲーリックなど、もはや歴史上の偉人ともいえる選手と対戦経験もあり、沢村自身が歴史上の人物ともいえる。

プロ野球選手としての実働期間は僅か5年だが、通算63勝を挙げた。また、ノーヒットノーラン や最多勝利といった数々の記録を残した。

1944年10月、フィリピン防衛戦に向かう途中、船が撃沈され戦死。沢村の死後、その偉大な功績を称え、その年の最も優れた投手に送られる“沢村栄治賞”が設立された。

主な記録

  • ノーヒットノーラン3回(NPB史上初のノーヒッター、歴代1位タイ)
  • 最多勝利2回
  • 最優秀防御率1回
  • 最多奪三振2回
  • 最優秀選手1回

中継ぎ 本居宣長

江戸時代を代表する国学者。『古事記』や『源氏物語』を研究し、重要な著書を残した。要するに歴史のテストに出るような偉大な学者。

抑え 高畑勲

日本を代表するアニメーション監督、プロデューサー、演出家、脚本家。スタジオジブリの創設メンバーのひとり。

『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』、『火垂るの墓』、『平成狸合戦ぽんぽこ』といった名作を数多く手掛けた。

なお、アニメーター出身の宮崎駿と違って高畑は絵を描かない・・・というか描けない監督だった。[8]

まとめ

三重県出身の有名人打線には、古今の文化人、アスリート、芸能人がバランスよく入りました。

あまりにバランスが良すぎるので、少しネタキャラのような有名人を打線に入れても良かったかもしれません。

以上、『【都道府県】三重県出身の有名人打線』でした。

出典一覧

*1 出典:エキサイトニュース
*2 出典:スポーツ報知
*3 出典:東洋経済オンライン
*4 出典:東洋経済オンライン
*5 出典:日刊スポーツ
*6 出典:京都新聞 
*7 出典:岩谷産業 陸上競技部 WEBサイト
*8 出典:ほぼ日刊イトイ新聞