【都道府県】京都府出身の有名人で打線組んだ【解説あり】

京都府出身の有名人で打線組んだ 打線組んだ

打線組んだとは?

あるテーマについて、野球チームの打線になぞらえて紹介するネットでおなじみのコンテンツです。

ルール

  • 都道府県別の出身地はで打線を組んだ(出生地が不明な人物は除外)
  • 選出の基準は、業績・実績・知名度・エピソードなど
  • 各種記録は、2020年2月1日時点のもの
  • 敬称は省略

京都府出身の有名人で打線組んだ

1(遊) 源義経
2(中) 吉岡里帆
3(一) 足利尊氏
4(左) 平清盛
5(三) 足利義満
6(捕) 野村克也
7(指) 岩倉具視
8(二) 足利義昭
9(右) 中邑真輔
先発   武豊
中継ぎ  村上春樹
抑え   宮本茂
代打   紫式部
代走   伊達公子
守備   千原ジュニア 
監督   平尾誠二

1(遊)源義経

兄・源頼朝が平氏打倒のために挙兵すると、これに応じる。一ノ谷の戦い、壇ノ浦の戦いで活躍し、平氏を滅ぼした。

戦に勝利するとお約束の内輪揉めが起こり、頼朝と対立。反逆を企てるも失敗し、平泉へ逃亡したが、頼朝の策略により藤原泰衡に襲撃され自害した。

戦いの天才ながら、権力者の兄に虐げられた弱者というイメージは日本人の大好物。好きな歴史上の偉人ランキングの常連。

2(中)吉岡里帆

インスタグラムのフォロワー数257万人を誇る人気女優。週刊プレイボーイのグラビアで注目を集めた。

代表作は連続テレビ小説『あさが来た』、『君が心に棲みついた』(TBS系)、どんぎつね(日清どん兵衛CM)など。

どん兵衛のCMの“編んでいる篇”や“おおみそかのうそ篇”で、吉岡里帆の出演がなくてショックを受けた視聴者は多い(はず)。[1]

3(一)足利尊氏

室町幕府の初代将軍で、天龍寺を建立した人物。また、アニメ『一休さん』の将軍様でおなじみの足利義満のお爺ちゃん。

鎌倉幕府から後醍醐天皇を討伐するよう命じられるが、反旗を翻し六波羅探題を滅ぼした。同時期に新田義貞が鎌倉を攻め、鎌倉幕府は滅亡した。

これで平和な時代が来るかと思いきや、次は後醍醐天皇と対立。後醍醐天皇は南朝をたてた。これにより、天皇が二人存在する南北朝時代に突入する。

尊氏は北朝の光明天皇から征夷大将軍に任じられ、室町幕府の初代将軍となるが、後に弟・直義派と対立し、直義を殺害した。いつも誰かと争っていた人。

4(左)平清盛

平家の棟梁で、武家社会のきっかけを作った人物。また、武士として初めて太政大臣となった人物。

自分の娘を天皇の妻として送り込み、天皇の祖父として権勢を振るうなど、平家の全盛期を築いた。

なお、平家の繁栄とおごりを表すことで有名な「平家にあらずんば人にあらず」は平清盛の言葉と思われがちだが、義兄弟・平時忠の言葉。

5(三)足利義満

アニメ『一休さん』の将軍様でお馴染みの室町幕府3代目将軍。アニメを見ていた人からは、とんでもないバカ殿だと誤解されているかもしれない人。

実際には、南北朝の統一、明の勘合貿易、北山文化の確立(金閣、能、狂言、五山文学など)など、足利将軍の中でも屈指の優秀な人物。

6(捕)野村克也

日本を代表する元プロ野球選手、元監督。とてつもない記録を残した選手だったが、当時は不人気のパ・リーグのチームに所属していたことや王や長嶋の全盛期だったため、注目度は低かった。

監督として、優秀な成績を収めるだけでなく、古田敦也や田中将大といった名選手を数多く育てた。

また、他球団を戦力外になった選手を再び活躍させる手腕は“野村再生工場”と呼ばれ、高く評価された。

さらに、解説者としても人気が高く、特にデータに基づいて先に結果を予測する“野村スコープ”という企画は、斬新さや的中率の高さで話題となった。

W不倫、妻・沙知代の現場介入、妻・沙知代の経歴詐称、妻・沙知代の脱税など、数々のスキャンダルもあったが、野球人としての功績は歴代でも5本の指に入る存在。

主な記録 選手編

  • 首位打者1回
  • 本塁打王9回
  • 打点王7回
  • 最優秀選手5回
  • ベストナイン19回(歴代1位)
  • 11,970打席(歴代1位)
  • 通算2,901安打(歴代2位)
  • 通算657本塁打(歴代2位)
  • 通算1,988打点(歴代2位)
  • 三冠王(史上2人目)
  • 3,017試合出場(歴代2位)

主な記録 監督編

  • リーグ優勝5回(歴代9位タイ)
  • 日本一3回(歴代5位タイ)
  • 正力松太郎賞1回
  • 平成で最も勝ち星を挙げた監督

7(指) 岩倉具視

幕末から明治にかけて活躍した公家、政治家。明治維新、明治新政府の重要人物で、日本鉄道(JR東日本の前身にあたる)の設立に関わるなど、日本の近代化に尽力した。それらの功績から『維新の十傑』のひとりに数えられた。

また、日本人として初めてチョコレートを食べた人物、日本初の国葬がおこなわれた人物とされている。

エピソード そっくり

以前、有名な岩倉使節団の写真に人気お笑いコンビ・カミナリの2人が映っているとSNSで話題となった。

その正体は、岩倉具視と山口尚芳なのだが、本当にそっくり。「2人は明治時代から生きている」、「明治時代から時を超えてやって来た」などという意見が寄せられた。

8(二)足利義昭

織田信長と結んで室町幕府15代将軍になる。徐々に信長と確執が生まれ、京を追放された。これにより、室町幕府は滅亡。

そのまま大人しく過ごすかと思いきや、武田信玄や朝倉義景らに手紙を送り、打倒・信長を画策するも失敗。

後に、豊臣秀吉の御伽衆(話し相手)となり、案外無事に61年の人生を終えた手紙好きの元将軍。[2]

9(右)中邑真輔

アメリカで一番有名な日本人といわれているプロレスラー。2002年新日本プロレスに入団し、棚橋弘至らと新日本プロレス人気を支える。[3]

2016年アメリカのプロレス団体WWEに移籍。下部団体のNXTでs度の優勝後、2017年WWEに昇格。2018年には、日本人として初めてロイヤルランブルで優勝を果たした。

他に類を見ない存在感、圧倒的な実力、魅せるパフォーマンスなどから、世界中のプロレスファンを熱狂させるカリスマ。

先発 武豊

日本一有名で実績ナンバー1の競馬騎手。オグリキャップ、スペシャルウィーク、ディープインパクト、キタサンブラックなど、数々の名馬に騎乗して勝ち星を挙げた。

なお、1989年と1999年には、同形異音である愛知県の武豊(たけとよ)町からイベントのゲストとして招かれ参加した。[4]

オファーしたくなる気持ちは分かるが、よく実行したものだ。そして忙しい武豊もよくOKしたものである。

主な記録

JRA 通算4,179勝(歴代1位、歴代2位の岡部幸雄は2,943勝)
全国リーディングジョッキー18回(歴代1位)
JRA G1通算77勝(歴代1位、歴代2位の岡部幸雄は31勝)

エピソード ディープインパクトとのパフォーマンス

武豊がディープインパクトでクラシック(皐月賞、東京ダービー、菊花賞)で勝利するたびに指を1本ずつ立てるパフォーマンスが話題となった。

このポーズは、かつて岡部がシンボリルドルフでクラシックで勝利のたびに行ったポーズを真似たものである。

中継ぎ 村上春樹

日本人で最もノーベル文学賞に近そうな作家。代表作は『風の歌を聴け』、『ノルウェイの森』、『1Q84』など。

エピソード ハルキスト

毎年のように村上春樹のノーベル文学賞受賞の瞬間を見守るために集まる“ハルキスト”を称するファンの姿は、秋の風物詩となっている。

一方、村上春樹ファンを含むネットでは、ハルキストに対して厳しい意見が見られる。また、Googleでハルキストと検索すると、サジェストには強めのワードが表示される。

抑え 宮本茂

『ドンキーコング』シリーズ、『スーパーマリオブラザーズ』シリーズ、『ゼルダの伝説』シリーズなど、日本のみならず世界中で大人気のゲームを作った伝説のゲームクリエイター、プロデューサー。

特に『スーパーマリオブラザーズ』は全世界で累計4,000万本以上売れる歴史的大ヒット作となった。[5] ポール・マッカートニーやマイケル・ジャクソンといった著名人にも宮本のファンは多い。[6]

代打 紫式部

平安時代の作家で『源氏物語』の作者。2000円札の肖像画になっているが、たぶん忘れられている。お札の存在ごと。

代走 伊達公子

女子テニス選手として、初めて四大大会の全てでベスト8に入りした。1996年惜しまれながら引退。この時、伊達公子25歳。

普通ならそこで現役終了だが、12年後の2008年にクルム伊達公子(国際結婚して登録名を変更)は突如カムバック。

37歳にして、なんと2014年全米オープン女子ダブルスにおいてベスト4という好成績を残した。2017年8月、再び現役引退を発表。レジェンド4のうち2人目の引退者。

守備 千原ジュニア

人気お笑いコンビ・千原兄弟のボケ担当。ネタ、トーク、司会、大喜利といったお笑いだけでなく、芸術の才能も発揮する万能の人。

コーチ 上岡龍太郎

天才的な話術が特徴の元お笑い芸人。2000年にスッパリと引退し、もはや伝説に近い存在。いまなお、数々の芸人たちが上岡の話術の凄さについて語る場面も少なくない。

2007年、横山ノックのお別れ会での挨拶は、笑いあり、涙あり、時間は5分と完璧な内容。人前で挨拶をする予定がある人はぜったに見たほうがいい。

監督 平尾誠二

選手、日本代表監督として、長年日本のラグビー界を牽引した人物。現在のラグビーブーム以前の最大のスターといえば平尾誠二で、“ミスターラグビー”と呼ばれた。

失礼な言い方になるが、そこらの俳優なんて目じゃないほどカッコいいおじさん。

主な記録

  • 史上最年少で日本代表に選出(19歳4ヶ月)
  • 大学選手権3連覇
  • 社会人時代に日本選手権7連覇

まとめ

かつて日本の中心地だった京都府。そのためか、京都府出身の有名人打線には教科書でもおなじみの歴史的偉人が多数入りました。

また、スポーツ、文化、ビジネスの分野では、世界を舞台に活躍する超一流の人物を多数輩出。あらゆるジャンルの人材豊富な京都府でした。

今回、打線に入りきらなかった偉人・有名人が大勢いるので、簡単にご紹介します。

  • 釜本邦茂/サッカー界のレジェンド、五輪得点王、記録多数
  • 斉藤和巳/通算79勝、最多勝2回、最優秀防御率2回、最多奪三振1回
  • 北大路欣也/大御所俳優、剣客商売、華麗なる一族
  • 田村正和/大御所俳優、古畑任三郎
  • 津川雅彦/大御所俳優、ほぼ徳川家康
  • 川島明(麒麟)/人気お笑い芸人、大喜利名人、インスタ面白い
  • 島田紳助/紳助・竜介、ヘキサゴン、オールスター感謝祭、東京03
  • 宮川大輔/人気お笑い芸人、お祭り男
  • 山下健二郎/三代目 J SOUL BROTHERS、インスタのフォロワー113万人
  • 横山由依/AKB48メンバー、2代目AKB48総監督
  • ギャル曽根/大食いタレント、食べ方がキレイ

以上、『【都道府県】京都府出身の有名人で打線組んだ』でした。

出典一覧

*1 出典:日清どん兵衛 WEBサイト
*2 出典:WEB歴史街道
*3 出典:週プレNEWS
*4 出典:スポニチアネックス
*5 出典:Wikipedia ミリオンセラーのゲームソフト一覧
*6 出典:zakzak:夕刊フジ公式サイト