【都道府県】石川県出身の有名人で打線組んだ【解説あり】

石川県出身の有名人で打線組んだ 打線組んだ

打線組んだとは?

あるテーマについて、野球チームの打線になぞらえて紹介するネットでおなじみのコンテンツです。

ルール

  • 出身地は、出生地で統一(出生地が不明な人物は除外)
  • 選出の基準は、業績・実績・知名度・エピソードなど
  • 各種記録は、公式サイトを参考に2020年2月1日時点のものとする
  • 敬称は省略

石川県出身の有名人で打線組んだ

1(右) 浜辺美波
2(遊) 宮下英樹
3(一) 中田ヤスタカ
4(中) 松井秀喜
5(三) 永井豪
6(左) 辻口博啓
7(二) 川井梨紗子
8(指) 農口尚彦
9(捕) ダンディ坂野
先発   小松辰雄
中継ぎ  道場六三郎
抑え   森喜朗

1(右)浜辺美波

映画『君の膵臓をたべたい』でブレイクした透明感あふれる若手女優。実は子役としても活動しており、過去には『エープリルフールズ』などにも出演している。

美波という名前は、あだち充の名作『タッチ』のヒロイン・浅倉南のようになってほしいと願って付けられたという。[1]

2(遊)宮下英樹

人気歴史漫画『センゴク』シリーズの作者。『センゴク』シリーズは、太田牛一の『信長公記』、ルイス・フロイスの『日本史』など価値の高い史料(資料ではない)を参考にしているため、リアルさと漫画ならではのデフォルメが融合した歴史漫画の名作。

2014年に放送された大河ドラマ『軍師官兵衛』の第34話に黒田家の家臣役として出演している。[2]

3(一)中田ヤスタカ

音楽プロデューサー、作詞家、作曲家。Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅといったアーティストををプロデュースした。

また、セガの人気ゲーム『龍が如く7 光と闇の行方』では楽曲提供をしている。[3]

4(中)松井秀喜

ゴジラの愛称で親しまれた元プロ野球選手。石川県の名門・星稜高校で1年生の頃から4番打者を務めた。[4]

4球団競合の末、ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。高卒1年目から11本塁打を記録するなど大物の片鱗を見せた。その後、数々のタイトルを獲得するなど大活躍し、誰もが認める日本の4番打者となった。

2003年1月、FAでニューヨーク・ヤンキースに移籍。[5] 2009年のワールドシリーズでは、8打点を挙げシリーズ制覇に大きく貢献。また、日本人として初のワールドシリーズMVPに輝いた。[6]

タイプは全く違うが、同時代に活躍したイチローと人気を二分したスーパースター。

主な記録

  • 首位打者1回
  • 本塁打王3回
  • 打点王3回
  • 最優秀選手3回
  • 正力松太郎賞1回
  • ワールドシリーズMVP1回(アジア人で初)
  • 国民栄誉賞

エピソード 5打席連続敬遠

1992年夏の甲子園大会の2回戦、星稜高校は明徳義塾戦と対戦した。大会屈指の強打者の松井は、五打席連続敬遠(全打席)され、一度もバットを振る事なく星稜高校は敗退した。

この出来事はさまざまな方面から賛否の意見が寄せられ社会問題となった。この出来事により、松井の名は一層高まり、野球ファン以外にも知れ渡ることになった。[7]

5(三) 永井豪

1967年『ぼくら』で漫画家デビュー。代表作は、『マジンガーZ』、『キューティーハニー』、『デビルマン』など。

2014年12月から連載開始したデビルマン最終章『デビルマンサーガ』が2020年3月をもって完結。御年74歳。タフなお爺さんである。[8]

6(左)辻口博啓

日本を代表する人気パティシエ、ショコラティエ。大体のサービスエリアやパーキングエリアに辻口プロデュースのお土産が売っている。

7(二)川井梨紗子

2016年リオデジャネイロ五輪レスリング・フリースタイル63kg級の金メダリスト。

厳しい選考を勝ち抜き、妹の川井友香子とともに東京五輪レスリング・フリースタイルの代表に内定。姉妹での金メダルに期待がかかる。[9]

8(指)農口尚彦

全国新酒鑑評会で金賞27回(連続12回)という輝かしい受賞歴で、“日本酒の神様”と呼ばれる杜氏。『山廃仕込み』は農口の代名詞と言われている。2011年には名誉杜氏となった。

引退と復帰を3度繰り返したが、80歳を過ぎたころに“引退をあきらめた”として現在も杜氏として活躍中。[10] 宮崎駿と話が合いそうである。

なお、名誉杜氏とは、引退した杜氏に与えられる称号だが、農口は名誉杜氏になった後に引退(さらにその後、復帰)という不思議な現象を起こしている。[11]

エピソード 日本酒の神様は・・・

意外にも下戸である。[12]

9(捕)ダンディ坂野

2003年ごろ、「ゲッツ」のギャグでブレイクした一発屋芸人。徐々に人気は低下し、テレビから姿を消したが、2012年には多数のCMに出演。

ゲッツという持ちギャグが短い時間におさまり、ポジティブな言葉で、なおかつギャラが安いのでCMに重宝されるとのこと。[13]

たった3文字で人生が変わるなんて、チャンスはどこに転がっているかわからない。

先発 小松辰雄

石川の名門・星稜高校出身の元プロ野球選手。ドラフト2位で中日ドラゴンズに入団し、通算122勝をあげた。速球が持ち味で、“スピードガンの申し子”と呼ばれた 。

主な記録

  • 最多勝利2回
  • 最優秀防御率1回
  • 沢村栄治賞1回

中継ぎ 道場六三郎

人気料理番組『料理の鉄人』(フジテレビ系)で初代・和の鉄人を務めた料理人で、かつて一斉を風靡した。

人気グルメマンガ『美味しんぼ』に本人役で登場したことがある。[14]

抑え 森喜朗

「神の国」発言や、「無党派層は寝ていてくれればいい」などの発言、えひめ丸事故の対応などから、めちゃくちゃ批判された総理大臣。[15] 2012年には代議士を引退し、現在は五輪組織委員長を務める。

2016年に週刊ポストによる「嫌われるジジイ調査」では、2位という不名誉な結果になってしまった。なお、同じく元首相でも小泉純一郎は「好きなジジイ」で11位と対照的な結果となった。[16]

まとめ

かつての球界の絶対的四番でスーパースターだった松井秀喜を中心に形成された石川県出身の有名人打線。

伝統文化豊かな石川県だけあり、日本を代表するパティシエや杜氏、料理人といった文化人が多数打線入りしました。

なお、加賀百万石の祖とされる前田利家は愛知県出身なので除外しました。また、加賀藩が百万石を超えたのは利家の息子・の頃からという説もあるようです。[17]

以上、『【都道府県】石川県出身の有名人打線』でした。

出典一覧

*1 Yahooトレンドニュース
*2 オリコンニュース
*3 音楽ナタリー
*4 時事ドットコムニュース
*5 NPB.jp 日本野球機構
*6 時事ドットコムニュース
*7 朝日新聞デジタル
*8 MANTANWEB(まんたんウェブ)
*9 東京オリンピック・パラリンピックガイド – Yahoo! JAPAN
*10 三井住友信託銀行
*11 weblio辞書
*12 NHK
*13 CUCURU(ククル)
*14 エキサイトニュース
*15 時事ドットコムニュース
*16 NEWSポストセブン
*17 Wikipedia 前田利家