【都道府県】千葉県出身の有名人で打線組んだ【解説あり】

千葉県出身の有名人で打線組んだ 打線組んだ

打線組んだとは?

あるテーマについて、野球チームの打線になぞらえて紹介するネットでおなじみのコンテンツです。

ルール

  • 出身地は、出生地で統一(出生地が不明な人物は除外)
  • 選出の基準は、業績・実績・知名度・エピソードなど
  • 各種記録は、公式サイトを参考に2020年2月1日時点のものとする
  • 敬称は省略

千葉県出身の有名人で打線組んだ

1(中) 山下智久
2(二) 前澤友作
3(指) YOSHIKI
4(三) 長嶋茂雄
5(左) 伊能忠敬
6(捕) マツコ・デラックス
7(一) 伊坂幸太郎
8(遊) 那須川天心
9(右) 海堂尊
先発   前田敦子
中継ぎ  青木功
抑え   Toshl

千葉県出身の有名人で打線組んだ

1(中)山下智久

山Pの愛称で親しまれているアイドル、俳優。インスタグラムのフォロワー数は499万人を超え、日本人男性最多を誇る。

元NEWSのメンバーで、現在はソロとして活躍。代表作は『野ブタ。をプロデュース』、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』など。

また、亀梨和也(KAT-TUN)とのユニット・修二と彰のシングル『青春アミーゴ』は、売上げ枚数160万枚を超る大ヒット曲[1]となった。

なお、同じくジャニーズの中丸雄一(KAT-TUN)は、「これは売れないわ」と思ったという。

7月22日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、2年ぶりにKAT-TUNが登場。中丸雄一が亀梨和也の代表曲「青春アミーゴ」に対して、当時「これは売れないわ……」と感じたことを明かしている。

引用元:excite.ニュース

2(二)前澤友作

ZOZOの元社長で月に行く予定の人。2年連続Twitterでお年玉企画をした結果、フォロワー数が激増。当時のフォロワー数1位の有吉弘行を抜いてフォロワー数トップになったが、お金でフォロワー数を増やしたという批判的な意見もあった。[1]

それに伴い、ネットではお金の力を使わずに圧倒的なフォロワー数を誇る有吉の株が改めて上がった。

なお、現在は松本人志、有吉に抜き返されたもののフォロワー数は3位。[2][3] いまだに知名度・影響力は強い。

3(指)YOSHIKI

絶大な人気を誇るロックバンド・X JAPANのリーダーでドラム、ピアノを担当。大半の楽曲の作詞・作曲を担っている。日本におけるヴィジュアル系バンドのパイオニア的存在。

マディソン・スクエア・ガーデン(米)、ウェンブリー・アリーナ(英)、カーネギーホール(米)という音楽の三大殿堂で演奏を果たしている。[4] また、日本人男性として初めて世界的ファッション誌『VOGUE JAPAN』の表紙を飾った。[5]

なお、年齢は非公表だったが、同級生のToshlが公表しているのでバレてしまったというお茶目な一面もある。

エピソード 意外な出演

かつて、X JAPANは人気バラエティ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)のヘビメタコーナーに出演していた。

今では信じられないが、番組内でYOSHIKIらメンバーは、お宅訪問や運動会といったゴリゴリのバラエティを行っていた。[6]

これは、いくら良い曲を作っても聴いてもらえなければ意味がないため、知名度を上げるための出演だった。[7]

4(三)長嶋茂雄

読売ジャイアンツで活躍した元プロ野球選手。昭和のお父さん達のスーパースターで、ミスターベースボール、ミスターの愛称で親しまれた。

“記録よりも記憶に残る選手”と評されることもあるが、十分すぎるほど記録を残している。この成績でそんな表現をされたら他の選手はたまったもんじゃない。(詳しくは主な記録を参考)

また、ジャイアンツの歴史で唯一の最下位になった監督。ある意味、長嶋らしい記録ともいえる。[8]セコム事件やI live in Edoなど、おもしろエピソードの宝庫なので、ぜひググってほしい。

主な記録 選手編

  • 通算2,471安打(歴代9位)
  • 通算444本塁打(歴代14位)
  • 通算1,522打点(歴代7位)
  • 首位打者6回
  • 本塁打王2回
  • 打点王5回
  • 最多安打10回
  • 最優秀選手5回

主な記録 監督編

  • リーグ優勝5回(日本一2回)
  • 正力松太郎賞1回
  • 国民栄誉賞

5(左)伊能忠敬

17年かけて日本中を歩いて測量し、正確な地図を作った人。驚くことに測量を開始したのは55歳から。

江戸時代にドラクエウォークがあったら間違いなくトップランカーになっていた人。

6(捕)マツコ・デラックス

元々はコラムニスト、エッセイストとして活躍していたが、気がついたらバラエティ番組やCMなど多数出演。現在のテレビ業界の中心的な存在に。何気なく口から飛び出すマニアックなネタや博識ぶりに感心する。

7(一)伊坂幸太郎

仙台を舞台にした作品が多いため、宮城県出身のイメージがあるが、生まれは千葉県。TSUTAYAによる「TSUTAYAユーザーが選ぶ好きな作家ランキング」で第2位に選ばれた人気作家。[9]

伊坂の作品は映像化されることが多く、『陽気なギャングが地球を回す』、『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』、『重力ピエロ』、『ゴールデンスランバー』などが映画化された。

主な記録

  • 第25回吉川英治文学新人賞『アヒルと鴨のコインロッカー』
  • 第57回日本推理作家協会賞短編部門『死神の精度』
  • 第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞 『ゴールデンスランバー』

8(遊)那須川天心

“神童”の愛称で親しまれている天才キックボクサー。プロ6戦目に史上最年少(16歳)でRISEバンタム級の王者となる。以降、数々のタイトルを取得。

2018年12月31日、非公式戦でメイウェザーと対戦した。試合の前も後も、マスコミ、ファンを巻き込んで大きな話題となった。

『プレバト!』(TBS系)では、テディベア作りという意外な特技を見せた。

主な記録

  • プロ39戦39勝(30KO)
  • 第6代RISEバンタム級王者
  • ISKAオリエンタルルール 世界バンタム級王者
  • 初代RISE世界フェザー級王者
  • ISKAフリースタイルルール 世界フェザー級王者

9(右)海堂尊

人気ドラマ『チーム・バチスタの栄光』シリーズの原作者。デビューから14年で小説を30冊以上、小説以外に10冊以上出版している超速筆な作家。

なお、本業は医師というハイスペックモンスター。

主な受賞

第4回このミステリーがすごい!大賞受賞 『チーム・バチスタの栄光』

先発 前田敦子

“会いに行けるアイドル”というコンセプトのもと発足したアイドルグループ・AKB48の第1期メンバー。

初回公演の一般入場者はわずか7人という厳しい状況からスタートした。[10] まるでビートたけしの名曲『浅草キッド」の一節のよう。AKB48の人気は徐々に上がり、今や誰もが知る国民的アイドルグループとなった。

前田は、AKB48のセンターを歴代1位の通算22回務め、2位の高橋みなみにWスコアの圧勝。初期AKB48を支えた絶対的エース。[11]

また、卒業後もコンスタントにドラマや映画などに出演するなど、数少ない卒業成功例の一人。

中継ぎ 青木功

全米オープン2位(四大メジャー大会の日本人最高順位)、日本人初の米国PGAツアー優勝、日本人男子初の世界ゴルフ殿堂入り(日本人男子では青木のほかは尾崎将司のみ)など、世界を舞台に大活躍した。

特に全英オープンでの帝王・ジャック・ニクラウスとの死闘は語り草で、その結果“世界のアオキ”と呼ばれるようになった。当然、国内の実績も圧倒的で、ツアー勝利51回は歴代2位。

主な記録

  • 全米オープン最高2位
  • 全英オープン最高7位
  • 全米プロゴルフ選手権最高4位タイ
  • 日本プロゴルフツアー 通算優勝51回(歴代2位)
  • 賞金王5回
  • 世界ゴルフ殿堂入り

抑え Toshl

X JAPANのボーカルで、ハスキーでハイトーンな歌声が魅力。リーダーのYOSHIKIとは幼稚園からの付き合い。いろいろあったが、無事X JAPANに復帰。

まとめ

千葉県出身の有名人打線のメンバーは、現在活躍する芸能人やレジェンド級のスポーツ選手で形成されました。

打線から外れた有名人には、国民的アイドル嵐のメンバー・相葉雅紀、インスタグラムのフォロワー350万人越えの桐谷美玲など、層が厚い千葉県。

一方で、戦国武将や大名、文化人といった偉人が少ないのが特徴です。

以上、『【都道府県】千葉県出身の有名人で打線組んだ』でした。

出典一覧

*1 出典:朝日新聞デジタル
*2 出典:Twitterフォロワー数 総合ランキング1-50位 | meyou [ミーユー]
*3 出典:企業、グループは除く
*4 出典:ライブドアニュース
*5 出典:VOGUE JAPAN
*6 出典:あなたとハッピー!番組ブログ(ニッポン放送)
*7 出典:Wikipedia X_JAPAN
*8 出典:NPB.jp 日本野球機構
*9 出典:TSUTAYA
*10 出典:日刊スポーツ
*11 出典:NAVERまとめ